化粧品

シミ予防のスペシャリスト

ビタミンc誘導体が配合された化粧品を使用することでシミやしわだけでなく毛穴の悩みの改善にも高い効果が期待できます。使用量をよく確認し適量を使用することが大切です。夏の間、日焼けしてしまったお肌にもビタミンc誘導体があれば安心ですね。

化粧品と女性

吸収率が高いビタミンC

appsは新しいタイプのビタミンC誘導体です。水にも油にもなじみやすいので、化粧水、美容液、乳液、コスメなどあらゆる化粧品に配合されています。ただし、appsは劣化しやすいという欠点があるので、早めに使い切る必要があります。

女の人

リピーターが多い美容ゲル

美容液のように厳選したたっぷりの美容成分で出来ているのがメディプラスゲルです。成分に徹底的にこだわっていて、防腐剤無配合なので肌が弱い人でも使える美容ゲルです。手抜きケアをしながらしっかり肌を保湿できます。

ポイントは保湿にあり

コットンを持つ女性

肌の水分量をアップする

我慢できない痒みや湿疹などに悩まされるアトピー、どのようなケアをしたらよいのか、悩んでいる方も多いことでしょう。肌をいじり過ぎるのも禁物ですが、かと言って何もしないともっと荒れてしまうかもしれません。そんなアトピー肌のケアのポイントとなるのが、化粧水です。アトピー肌の方は基本的に皮膚の水分量が不足している方が多いのです。ですから、保湿成分がタップリ配合されている化粧水で、皮膚に潤いを与えてあげましょう。今は、浸透力の高い、高純度の保湿成分が配合されている化粧水がいろいろと販売されています。中でもセラミドは優秀な保湿成分です。そして、肌に刺激を与えない、シンプルな化粧水がベストでしょう。自分の肌に合った化粧水で、瑞々しい素肌を目指しましょう。

お肌のバリア機能も大切に

アトピー肌の方は保湿性に優れた化粧水で肌の水分量を増やすことが大切です。が、アトピー肌のもう一つの特徴として、肌のバリア機能が壊れているということがあげられます。バリア機能のほころびからせっかく補充した水分がどんどん逃げてしまうということにもなりかねません。バリア機能を整える化粧品を同時に使いましょう。アトピー肌は、言ってみれば外からの刺激に対する皮膚の防御幕が、あちこち隙間ができているような状態です。これをしっかりと整える成分でカバーする必要があります。ですから、保湿性の高い化粧水を塗った後に、バリア機能を整えるクリームやオイルなどでカバーして、内と外から保湿しましょう。アトピーは確かに厄介な症状です。でも、それを一つの個性と捉えて、個性に合った付き合いをすれば、きっと肌は応えてくれます。個性に合ったケアをしましょう。